一期一会のGame Blog

遊んだゲームの紹介とプレイした感想だったり攻略内容を記録するブログです。

【レビュー】Bloodstained Ritual of the Night

 

f:id:Edogawa:20210313210306p:plain

今回は『ブラッドステインド: リチュアル オブ ザ ナイト』をレビューしたいと思います。実はあまり知っているタイトルではなく、XBOX GamePassのリストを眺めていてパッケージが気になったところ評判も上々でしたので、ものは試しに遊んでみることにしました。気軽に知らないタイトルを遊べるのはXBOX GamePassのすごく良いところですね。久しぶりにメトロイドヴァニアなゲームを遊びましたが、結果クリアまで楽しくプレイすることが出来ました。クオリティも高く、確実におススメ出来るゲームです。 

 

プレー状況:本編クリア済

プレイ時間:25時間ほど

ハマれる人

  • 悪魔が巣くう中世の城を探索するシチュエーションに興味がわく人
  • メトロイドヴァニアのゲームが好きな人
  • 毎日短時間プレイでアクションをサクッと遊びたい人

良かった点

  • 爽快なアクションのみならず、RPG要素もありキャラを育成するのが楽しい
  • 魔法や武器が多くて追加要素も豊富、飽きがこない工夫が上手
  • 主人公の容姿をカスタマイズで可能で、愛着がわき動かしていて楽しい

爽快感のあるアクションと成長要素を組み合わせた傑作 

f:id:Edogawa:20210425012023p:plain

 

本作を大まかに表現すると悪魔が巣くう城を探索し中枢を目指していく、メトロイドヴァニアなタイトルです。特徴としては主人公のミリアムが悪魔の力を継承することで、様々なアクションや魔法が出来るようになります。例えば空中でジャンプが出来る能力を手に入れることで2段ジャンプが出来るようになり今まで届かなかった場所に登れて探索できる範囲が広がります。ミリアムは前述の2段ジャンプ以外にもスライディングやバックステップなど派手さは抑え目ですが軽快なアクションが可能で操作しているだけでも爽快な気持ちになれます。また武器や魔法の種類も非常に多くて、普通にプレイしているだけでは使いきれないほどの多彩な武器や魔法があります。プレイや攻略の幅を広げる要素としては十分過ぎるほどに多彩に用意されているのも驚きですね。

 

 

f:id:Edogawa:20210425012048p:plain

 

要所要所でカットインが入り、キャラ同士の会話が入ります。悪魔召喚の鍵となるロガエスの書を巡って様々な思惑が入り乱れますが、ストーリはあっさり風味です。また、城内の探索をするうえでセーブポイントとワープポイントが配置されていますが、遠からず近からずの絶妙な位置に設置されていて、攻略のテンポが非常に良いです。時間がとれなくても毎日少しづつ遊ぶようなプレイスタイルの人でも十分遊べるようになっています。少し進めてセーブポイントに到達出来たら今日はおしまいなんて、気軽に遊べるのは時間に余裕のないサラリーマンには嬉しいですね。

 

f:id:Edogawa:20210425012127p:plain

f:id:Edogawa:20210425012145p:plain

 

ミリアムを育成する要素もふんだんに用意されていて、レベル以外にも、様々な装備品があります。また食事することでステータスを強化することも出来ますし、素材を媒体として魔法を強化することも出来ます。悪魔たちから様々なアイテムを入手することが出来るのでキャラ育成のためにアイテム集めをしたり、城内の探索一辺倒にならない点も評価出来ます。また、城の探索を進めるうえで避けては通れないのがボス戦で、ゴリ押しではまず勝てません。しっかり攻撃パターンを見て覚えて、有効な攻撃方法をあてていく必要があります。この難易度が絶妙で、武器や魔法の選択とステータスの強化をしっかりすれば勝てるようになっていて、育成する意義を生みますし強化することを面白さに感じることが出来ます。

 

f:id:Edogawa:20210425012204p:plain 

ミリアムの見た目をカスタマイズすることで、自分好みに変身させることが出来ます。細かい要素ですがキャラに愛着がわいて、嬉しいですよね。

気になった点をあげておくと、遊んでいる途中にクラッシュしてホーム画面に戻ることがたまにありました。全部で3、4回くらいですかね。クラッシュするとセーブしたポイントに巻き戻ることになるので、少し萎えますね。。デバックがあまい等のこのタイトルの問題なのか、Xbox Series Sでプレイしたので互換の問題なのかはわかりませんが、少し残念な点です。ちなみにほかのタイトルではクラッシュは発生していません。

総評

インディタイトルと侮るなかれ、『爽快なアクション』、『幅の広い育成要素』、『テンポの良い城内探索』 などなどクオリティは高いタイトルです。遊び始めると、色々とやりたいことが増えてくるので、サクッと遊ぼうと思いつつもついつい長く遊んでしまう、そんなタイトルです。あとはクリアするだけならボリューム感はそれほどでもないです、綺麗にまとまっていてお手軽に遊べる丁度よいボリューム感と言えます。追加モードのアップデートがたびたびされているので、やり込み要素は満点だと思います。GWの休みに遊ぶタイトルを探している人にはサクッと遊べて丁度よいタイトルだと思います。